太陽系最大の衛星とはどんな星なのでしょうか?木星の衛星ガニメデは、水星や冥王星よりも大きく、凍った地表にたくさんの若く明るいクレーターが斑点のように広がっています。暗い部分はより古い地域で、さらに多くのクレーターがあり、溝や隆起でレース飾りのような模様がついています。

写真の右上に見える大きな丸形の特徴的な地形は、ガリレオ・レジオと呼ばれる古い地域ですが、どのようにして形成されたのかは、いまだに分かっていません。

ガニメデには、地球よりも多くの水を持つ地下海があるという証拠が見つかっています。その深さは何と100キロメートルにも及ぶといいます。そこには生命が存在する可能性もあると考えられているのです。

地球の月と同じように、ガニメデも一方の面を木星に向けたまま公転しています。

この写真は、約20年前にNASAの木星探査機ガリレオによって撮影されたものです。ガリレオは、2003年に木星の大気に突入してそのミッションを終えました。現在は、同じくNASAの木星探査機ジュノーが、木星の周回軌道を回りながら、この巨大惑星の内部構造やその他の特性を調査しています。

原文:Ganymede: The Largest Moon
画像クレジット:NASA, JPL, Galileo Probe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です