この風変わりな星はいったいどこの惑星でしょうか?

もちろん、地球です。オーロラがキラキラと輝いている間に、国際宇宙ステーションから撮影されたものです。約400キロメートル上空を周回する国際宇宙ステーションは、オーロラが発生する領域よりも上を飛んでいます。

オーロラは、大気の密度が低い超高高度で、励起(通常よりエネルギーの高い状態)した分子や原子ごとに特有の色を持っています。この写真では、酸素原子からの放射がほとんどを占めています。この不気味な光は低い高度では緑がかっていますが、より空気の薄い高高度では、やや赤色の帯が国際宇宙ステーションの軌道より上まで伸びています。

また、地表面からは、地球磁気嵐が起きている間にこのようなオーロラが発生する様子を見ることができます。このときの磁気嵐は、2015年6月に、太陽のコロナ質量放出が地球の磁気圏に衝撃を与えたことが引き金となって起きたものです。

原文:Planet Aurora
画像クレジット:Scott Kelly, Expedition 44, NASA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です