18世紀フランスの天文学者シャルル・メシエは、夜空に彗星を探すかたわらで、彼が発見した彗星以外の天体についても熱心に天体リストに記録していました。

この天体は、メシエの有名な彗星以外の天体リスト(メシエカタログ)の27番目に収録され、21世紀の天文学者によって惑星状星雲に分類されています。小さな望遠鏡で見ると丸く惑星のように見えるかもしれませんが、惑星ではありません。

このメシエ27(M27)は、太陽のような恒星が中心核で核燃料を使い果たすときに生まれる発光星雲の好例です。M27は、恒星の外側のガス層が宇宙空間へ流れ出すために形成され、死にゆく恒星から放たれる激しい紫外線がガスの原子を励起するために明るく輝きます。

「鉄アレイ星雲」という愛称でも知られるM27は、美しい左右対称の星間ガス雲で、差し渡し2.5光年以上におよび、地球からはこぎつね座の方角に約1200光年離れています。

この見事なカラー画像は、8.2メートルすばる望遠鏡による広帯域と挟帯域の観測記録を組み合わせたものです。

原文:M27: Not a Comet
画像クレジット・著作権Data;Subaru, NAOJ, Assembly and Processing; Roberto Colombari

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です