ふたご座の双子とは誰を指すのでしょうか? 天体について言うなら、ふたご座はふたつの明るい恒星が支配しています──ポルックス(左)とカストル(右)です。

写真に撮ると、この双子星はとても目立ちます。というのは、非常に明るく、見える方向も明るさも近いのに、色だけがまったく違うからです。

ポルックスは、地球から33光年離れていて、太陽の2倍の質量を持つ年老いた赤色巨星です。カストルは、51光年彼方にあり、質量が太陽の2.7倍以上ある青い主系列星です。

カストルは、少なくともふたつの伴星を持つことで知られています。一方ポルックスは、現時点で少なくともひとつの質量の大きい惑星が公転していることが分かっています。

古代バビロニア・ギリシャ・ローマの神話では、カストルとポルックスは双子の兄弟として登場します。

今現在、地球と太陽とふたご座が一直線に並んでいるため、太陽はふたご座の真ん前を通過して見えます。その結果、地球上にすむほとんどの人が、2~3週間の間は日没時に西の空にカストルとポルックスを見ることができるのです。

原文:Gemini Stars Pollux and Castor
画像クレジット・著作権:Rogelio Bernal Andreo (Deep Sky Colors)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です