これは土星を輪の内側から見た画像です。先週初めて、NASAの土星探査機カッシーニは土星とその輪の間を通過しました。
 
このダイビングの間、カッシーニは何百枚も写真を撮影しました。写真には、土星の大気の構造がこれまでになく詳細に写っていました。
 
一方で、カッシーニは後ろを振り返りながら、素晴らしい景色も撮ることができました。
 
この写真は、カッシーニが土星に再接近する数時間前に撮影されたもので、土星の北極のまわりに珍しい六角形の構造が見えています。
 
土星の「Cリング」が一番近くに見え、暗い「カッシーニの間隙」が内側の「Bリング」と外側の「Aリング」を隔てています。Aリングを間近で調査すると、ふたつの月が見つかるでしょう。この月は一番遠くで発見された「Fリング」を引き連れています。
 
この写真は画像処理を経ていない生のものです。これから公式に検討や調整が加えられて、後日公表される予定です。
 
カッシーニは、9月15日に土星の大気に突入するまでは、最後の観測ミッションを続けることになっています。
 

原文:Cassini Looks Out from Saturn
画像クレジット:NASA, JPL-Caltech, Space Science Institute

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です