GW170104を、判明した質量と一緒にブラックホールの表に加えましょう。

レーザー干渉計重力波天文台(LIGO:ライゴ)が、二つの質量の小さいブラックホールの合体によって放出された重力波を検出しました。重力波の検出はこれが3例目にあたります。重力波は時空に起きたさざ波で、ブラックホールの合体のような極めて高いエネルギーを放つ現象が起きるときに発生します。

新しく発見されたブラックホールの質量は太陽の約49倍で、過去にLIGOが発見した二つの合体したブラックホールの質量──それぞれ太陽の62倍(GW150914)と21倍(GW151226)──の間を埋めるものです。この3例とも、LIGOの二つの検出器がとらえた信号は重力波に間違いないものでした。なお、4例目の信号LVT151012もありますが、信頼性が低く重力波と断定はできませんでした。

GW170104は約30億光年彼方で発生したと考えられ、過去2例(GW150914とGW151226)よりもさらに遠方の事例です。

今回検出された重力波は、2016年11月30日に開始され、今年の夏まで続けられる予定の最新の観測ミッションで発見されたものです。

原文:Black Holes of Known Mass
画像クレジット:LIGO, NSF, Aurore Simonnet (Sonoma State U.)

ダンスをする二人組のブラックホール。この想像図は、LIGOが検出した合体する二つのブラックホールを描いています。 二つのブラックホールはお互いに渦を巻くように回転し、やがて合体します。この合体の過程で他の宇宙全体よりも高い莫大なエネルギーが放出され、それが時空のさざ波つまり重力波となって伝わってきます。(画像クレジット:LIGO/Caltech/MIT/Sonoma State (Aurore Simonnet))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です