木星は、私たちが知っているよりもずっと奇妙な惑星です。NASAの木星探査機ジュノーは、木星を長楕円軌道で周回し、現在6回目の通過を完了させたところです。

この写真は木星を下から撮影したものです。驚くべきことに、木星表面のほとんどを覆っている水平方向の縞模様が、ここでは渦を巻く複雑な模様の中に消えてしまっています。白い楕円型の雲が一直線に並んでいるのが見えます。

ジュノーの最近の観測結果によって、木星の気象現象が雲頂の下の深いところまで広がっていること、また木星の磁界が場所によって大きく変化することが分かっています。

ジュノーは1回約6週間の周回を37回行う計画です。

原文:Beneath Jupiter
画像クレジット:NASA, Juno, SwRI, MSSS,Gerald Eichstädt & Seán Doran

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です