シャボン玉星雲に近づくとどのように見えるでしょうか?質量の大きい恒星が放つ恒星風と放射によって、このシャボン玉は現在直径7光年にまで広がっています。内部の高温の星は私たちの太陽の数千倍も明るく、今はシャボン玉星雲の真ん中から少し外れた位置にあります。

このタイムラプス動画はシャボン玉星雲(バブル星雲・泡星雲:NGC7635)に向かって直行するところから始まり、その後は星雲に接近しながらその周りをめぐっています。動画は、地球を周回するハッブル宇宙望遠鏡とキットピーク国立天文台(アメリカ・アリゾナ州)のWIYN望遠鏡によって撮影された画像をもとに作成されたものです。三次元のコンピュータモデルにはアーティストによる解釈が含まれ、距離はかなり縮められています。

原文:Approaching the Bubble Nebula
動画化クレジット:NASA, ESA, and F. Summers, G. Bacon, Z. Levay, and L. Frattare (Viz 3D Team, STScI);  Acknowledgment: T. Rector/University of Alaska Anchorage, H. Schweiker/WIYN and NOAO/AURA/NSF, NASA, ESA, and the Hubble Heritage Team (STScI/AURA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です