手前が黒海、奥に広がるのが地中海。円石藻のブルームによって黒海全体が青く変色している。

何兆もの生物が地球の海で死んできました。そうした死骸がやがて石灰化して、例えばイギリスの「ドーバーの白い崖」のような景観を作り出しています。

ボールの形をした明るい色の単細胞植物ー円石藻と呼ばれる植物性プランクトンと、円石藻ウイルスと名付けられたダイヤモンド型のウイルスとの戦いは、何千万年にわたって激しく繰り広げられてきました。

円石藻は、大気から二酸化炭素を吸収することによって白亜質のヨロイを作り出しますが、そのおかげでウイルスと戦うことができるのです。

この戦いの中で、円石藻はまさに英雄的なはたらきをします。というのは、円石藻が大気中に含まれる二酸化炭素のかなりの部分を取り除いてくれるおかげで、私たち人間を含めた動物が呼吸することができるからです。

この写真はNASAのアクア衛星が2012年に撮影したもので、黒海が円石藻のブルーム(プランクトンが大量に繁殖して水の色が変わる現象)のために青く変色しているのがわかります。

原文:A White Battle in the Black Sea
画像クレジット:NASA, Aqua, MODIS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です